旅費はギャンブル収入から経費として差し引くことができるか?

1700種類以上のオンラインスロットがプレイできるベラジョンのスロットラインナップ!

カジノでのギャンブルは誰にとっても楽しいものです。特にギャンブルで勝った時の嬉しさは一際です。ところで、ギャンブルで勝った収入を課税額として計算する際に、旅費を差し引くことができるかを知りたいと思う人は多いでしょう。その際には、その答えを見つける前に、ギャンブルで得た収入に適用される連邦税について知る必要があります。連邦税の仕組みがよく理解できた後に、ギャンブル収入から旅費を差し引くことができるのかどうかについて、探っていきましょう。

ギャンブル収入に関する法律に最近施された変更は、それほど多くはありません。税法に加えられた数点の項目は以下の通りです。

  • 税金はギャンブル収入にも適用され、確定申告書上で所得として報告しなければなリません。ギャンブル収入には宝くじ、競馬、カジノの賞金、およびくじ引きが含まれます。また、現金の賞金だけでなく、バケーションや他の形態での賞金も含まれます。
  • 支払い元またはカジノによって発行されたW-2G フォームを受け取って下さい。それはカジノから高額の所得を得た際に必要な手続きとなっています。また、さらに高額の賞金収入については、連邦税の源泉徴収の対象となる場合があり、所得金額から推定される税金を支払うよう求められることもあります。
  • 控除の対象となるアイテムを箇条書きにすることができれば、それらをギャンブル収入から控除できる場合があります。ただし、ギャンブルで受け取った賞金または収入よりも、経費の方が多くなってはいけません。つまり、プレイヤーは収入額を上限として、実際にかかった経費を差し引くことができるのです。経費と共に、賭けで失った金額も控除の対象となるのか、疑問に思う人もいるかもしれません。経費を申告する際には、チケット、レシート、正確な明細記録や請求書をきちんとリストアップしておく必要があります。
  • ギャンブル収入はゲームで負けた金額と相殺した上で、その差額のみを申告してもよいですし、別の方法で、あなたの勝ち取った金額を所得として申告し、その金額を上限とする損失金額を控除として報告しても構いません。

税金と記録について

申告する際に、負けた金額を勝った金額から相殺したい場合、IRSはプレイヤーに対して、ギャンブルで行なった行動を正確に記録しておくように要求しています。ギャンブル収入から控除できる経費には、カジノへの旅費も含まれます。

所得税を納める州では、ギャンブル収入も税金の対象となります。つまり、ギャンブル収入は連邦税および居住する州の州税両方の課税対象としてみなされるわけです。しかし二重に税金を取られることにならないように、州税がクレジットとして返金されることもあります。

W-2 フォームを受け取るかどうかは、獲得したギャンブルによる収入額とギャンブルの種類によって決まるようです。

ギャンブル収入に対する税金で損をしないために知っておくべき二つの秘訣は以下の通りです。

  • 正確な記録が必須:勝ち・負け・その他、ギャンブル中に起こったすべての正確な記録を日記の形態で控えておくこと。
  • 勝ち負けの証拠を保管:賭け金のチケット、W-2Gフォーム、クレジットカードの記録、請求書などをすべて保管しておくこと。

Leave a Comment